乳酸菌で腸内保護

乳酸菌の働きとはどのようなものでしょうか

一般に乳酸菌と呼ばれるものは、乳酸を作り出すことによってエネルギーを獲得する細菌の総称です。 乳酸飲料、チーズ、バターなどを作るために必要な菌でもありますが、特にヨーグルトの原料の一つとして耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 その種類は、有名なところではビフィズス菌、ヤクルト菌、KW乳酸菌、LG21、植物性乳酸菌などざまざまですが、主に腸の中の善玉菌の働きを活発にし、病原菌から身体を守ったり、腸の老化を防いだりします。腸の運動を促進して便秘を防いだり、下痢を予防したりと、腸内の環境を整えてくれるのです。 乳酸菌は、食品から摂取する場合、ヨーグルト、味噌、醤油、ぬか漬け、キムチ、チーズなどに含まれています。

サプリで摂取する方法もあります

日本の食品は優秀で、味噌やぬか漬けなど乳酸菌を含む発酵食が多くあり、日本人は日常的に乳酸菌を摂取してきました。 しかし、近年、食生活や西洋化したことや、コンビニやレストランなど便利なお店が増えたり、といった理由で和食を摂る回数が減っている方も多いといいます。 必要な乳酸菌を毎日摂取するためには、どのような方法がよいのでしょうか。 ヨーグルトを毎日食べることも良い習慣ですが、味が好きではない方やヨーグルトでお腹が緩くなってしまう方などは、サプリメントで摂取する方法も手軽でおすすめです。サプリなら、毎日決まった時間に摂れ、続けやすいのではないでしょうか。 今はいろんな種類の乳酸菌サプリがありますので、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。 腸は第二の脳とも言われるほど、大事な臓器です。乳酸菌のサプリをしばらく続けてみて、腸内環境を整え、きれいなお腹を目指しましょう。